k-blogn

kbrown.exblog.jp
ブログトップ

<   2005年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2005年 08月 26日

firenze

firenze2日目

この日は日本出発前に、あるルートでITOさんにイタリア人にメールを送ってもらい得た情報をもとにバックの金具や糸や布を買いに、COLZIというfirenze郊外にあるお店にいくことに。

そのメールも自分の出せるだけのイタリア語と電子辞書を使い文章を作りましたが、たぶん英語に訳してくれたITOさんのおかげで通じたと思います。ITOさんありがとうございます。

その日朝食はバス乗り場の近くのbarにて、生ハムとモッツァレラチーズのパニーニとカプチーノをいただいた。まちがいなくうまい。これがこれからの朝食のパターンになる。
そこのbarの女の子が愛想がよくかわいかった。ラテン系の顔立ちに黒髪、タンクトップに短いエプロン。次の日行ったら覚えててくれて、向こうから「Ciao」っと言ってくれた。めろめろになった俺は、その次もその次も通ったが2日とも休みだった。旅は一期一会だと実感する。

観光インフォメーションにいきCOLZIの住所までの行き方を聞いて、バスに乗る。

つづく
[PR]

by k-brown | 2005-08-26 00:49 | イタリア
2005年 08月 09日

firenze

Firenzeではほとんどが路駐です。そのため小型車が多いです。
日本車だとVitz(Yars)Fit(Jazz)March(旧型)。
イタリア車だと、Panda 147、Punto,Piagioの3輪車
ミニバンやアメ車はほとんど見ませんでした。
b0027894_23551840.jpg
b0027894_23553361.jpg
b0027894_23554873.jpg
b0027894_23561498.jpg

[PR]

by k-brown | 2005-08-09 00:08 | イタリア
2005年 08月 08日

Firenze

道は細い道が多く、まっすぐな道も少ない。交差点の角には水飲み場が。
b0027894_23491576.jpg
b0027894_23495794.jpg
b0027894_23503526.jpg

[PR]

by k-brown | 2005-08-08 23:53 | イタリア
2005年 08月 08日

Firenze

Firenzeにかぎらずイタリアのスクーターはシールドをつけて走ってます
ちなみにHondaのForzaやYamahaのMajestyは結構走ってます。
b0027894_23191272.jpg
b0027894_23192766.jpg
b0027894_23195197.jpg
b0027894_23234723.jpg

[PR]

by k-brown | 2005-08-08 23:24 | イタリア
2005年 08月 08日

Firenze

電車の中では老夫婦が1組、おばちゃんが1人、学生の男一人、そして私と、Sさんで、6人がけのボックス席に座ってました。
話の中心はおばちゃんで、老夫婦のおばあちゃんと話し込んでいた。
おばちゃんは、時折果物を出してナイフをだして剥いて食っていた。
時々話しかけられるのだが、どこからきたのか?どこにいくのか?ぐらいしか聞き取れなかった。
もうボックス席のなかは行き先はバラバラでも旅は道ずれ仲間なのだとちょっと感じた。

2時間ぐらいで、Firenze.s.m.n駅に着きとうとうこの先宿を予約してない私と、Sさんは宿を探すのです。
Sさんは予算が合わず、バスで、30分ぐらいのユースホステルへ行くとのことで、明日の夕食の約束をして、別れる。
まだ日暮れまで時間があるので、何件かホテルを回ることに。
とにかくメモしたイタリア語で聞いて回った。

Avete una camera libera per stasera?
今夜空き部屋はありますか?

Posso vedere la camera
部屋を見せてください

Quanto costa?
いくらですか?

Prendo questa camera
この部屋にします

この辺の言葉もほとんど旅の後半ではぱっと言えるようになった。
4〜5軒ホテルを回って45ユーロのシャワー付きの部屋にした。
セミダブルサイズのベットが安心する。しかし2泊しかとれず。
Ponte Vecchio(ヴェッキオ橋)
b0027894_23111814.jpg

ほとんどの玄関のインターホンはこんな感じです
b0027894_23115978.jpg

[PR]

by k-brown | 2005-08-08 23:15 | イタリア
2005年 08月 08日

FIrenzeへ

「ええ」
ってなかんじで、出会った人は、Sさんという私よりも1つ年下の女性でした。
とても感じいい人でした。
彼女はフリーターにけりを付けて、1ヶ月間ギリシャからロンドンまで旅をしてるとのこと。
彼女はユーレイルパスでICに乗れるのか心配で聞いてきたのでした。
ユーレイルパスは25歳までならユース料金でEU圏内電車乗り放題なのですが、ES(
ユーロスター)だけは座席指定料金がかかるので、それじゃないかと心配していたようです。

参考
Firenzeにいくとのことで、一緒に行くことにした。
イタリア人はほとんど指定の座席には座ってないので、Biglietto(切符)を持って対面式のボックス席に行くとみんなが立ちだす。面白い光景だ。
席も取れて列車が出発すると、Sさんはおもむろに携帯を取り出しメールを打ち出した。
よく見ると私が持ってる機種とおなじでした。
b0027894_22291031.jpg


日記でも書いてるのかなと思い聞いてみると、日本にメールを送ってるとのこと。
この携帯は海外で使えるのでした。知らずにずっとバックに入れっぱなしで、出してみたら確かに、電波が入ってるのでした。しかしメール1通¥100通話1分¥300というエアメールなみの値段は帰ってきて請求書で知るのでした。
[PR]

by k-brown | 2005-08-08 22:34 | イタリア