カテゴリ:リペア( 22 )


2010年 04月 19日

LV完

リペアというより作り変えなんですが、指定とおりオレンジの革で完成。
結構目立ちます。
b0027894_2375551.jpg
b0027894_2381179.jpg
b0027894_23830100.jpg

参考までに
持ち手交換と根元の革交換
¥24000
[PR]

by k-brown | 2010-04-19 23:12 | リペア
2010年 04月 12日

LVとは

b0027894_23372970.jpg

さすがに年代物のです。
中の芯には紙が使われてます。
現行の仕様は知りませんが、ふつうは、綿紐が集まったものを使います。
[PR]

by k-brown | 2010-04-12 23:40 | リペア
2010年 04月 06日

LVこと

LVことルイヴィトンの修理を頼まれました。
本家に頼んだ方がいいとアドバイスしたのですが・・・
せっかくなのでやってみました。
b0027894_035914.jpg
b0027894_041627.jpg
b0027894_042964.jpg

[PR]

by k-brown | 2010-04-06 00:05 | リペア
2006年 10月 17日

クロコダイルダンディーvsクロコダイルダンディー2ヶ月

出来立ての財布は革に張りが有り、
2つ折りにぺたんと折れてくれません。
そしてダンディーは、札入れにマチが有ることから
、ヒップポケットに収まりが悪いのでは?
と不安でしたが、2ヶ月経ったダンディーをみて、
満足です。きれいに折れてくれました。
外側のリアルクロコは多少テカリがなくなりましたが、
内側のブッテーロはいい味出してます。

b0027894_118533.jpg
b0027894_1183077.jpg
b0027894_1185672.jpg


そんな財布を見たい方やreggaeのレコードお探しの方はNATレコードへ新旧いいのそろってます。
[PR]

by k-brown | 2006-10-17 01:26 | リペア
2006年 10月 17日

ダンディー入院

先日納品したクロコダイルダンディーの小銭入れの糸がほつれたとのことで、
早速受け取りにいきました。
b0027894_102742.jpg

どうやら縫い糸の終わりの止め方が甘かったようだ。
見た目のこともあり、私は所々で返し縫いを、一目に糸2本しか入れません。
それがどうやら小銭入れの力がかかるところでもやってしまったようです。
申し訳ない。
早速直させていただきます。
b0027894_161090.jpg

[PR]

by k-brown | 2006-10-17 01:06 | リペア
2006年 03月 07日

染めQの巻

どうやら染まらないようです。
今回は合革のスニーカーでしたが、新品のぎん(革の表面)が落ちたものには、どんどん染みていくだけで、表面には色は乗らないようです。(ハンズの兄さん談)
写真でもわかるようにぎんがあった場所は白く染まるんですが、はげた部分はほとんど変わりません。
めげずに他のものに応用したいですな。
b0027894_174298.jpg

[PR]

by k-brown | 2006-03-07 01:07 | リペア
2006年 02月 20日

染めQの巻

そもそもなぜ「染めQ」を使うかというと
実演販売での説明では顔料スプレーではなく染料スプレーだそうです。しかもナノレベルで塗料が吹き付けられるのでデコボコした革や合皮なども肌触りを失わず染められるそうです。
そして引っ掻いても曲げても表面が割れる事がありません。

これで成功したら革製品にも応用したいと思います。


染めQ
[PR]

by k-brown | 2006-02-20 22:44 | リペア
2006年 02月 20日

染めQの巻

スニーカーていうのは大体1年から2年で表面の色が剥げてしまい、ちょっと履けるんだけど恥ずかしい状態になってしまいます。
まあ安いもんですから買い直せばいい事ですが、履けるのに履けないスニーカーも捨てられないもんです。
そんなところにハンズの実演販売で買ってきた「染めQ」というものを使って現役にしてあげたいと思います。

まずはスニーカーの汚れを落とし、紐をとってマスキングします。

ハンズの兄さんによると、マスキングテープよりも液体の筆で塗るタイプのマスキングがよいと言っていたが、今在庫がないとの事なんでマスキングテープでやる事に。
ちょっとつきが悪い。


b0027894_2213477.jpg
b0027894_22131631.jpg

[PR]

by k-brown | 2006-02-20 22:14 | リペア
2005年 06月 25日

この暑さで

この暑さの中扇風機が壊れ、ある大型電器店へ修理をしてもらおうと、もっていくとメーカーが不明なので多分無理でしょうとの事。
しかしスイッチ系統の破損か、モーター系統の故障か見てくれました。結局モーターの故障ということで、修理は無理。
最近はメーカーは1回で大量に作り、在庫を少し残し、不良がでたらその在庫から交換するそうです。その在庫がなくなる頃には保証期間がすぎて、修理に出す人はほとんどいないそうです。
修理の場合もモーターだったらモーター丸ごと交換したほうが早く上がり、専門のメカニックがいらないそうです。
それだけでも修理代が売り値を超えているので、ほとんどの人が買い替えるそうです。
実際扇風機は¥1400で売ってました。
「大量生産大量破棄日本はもうそうなってますよ。扇風機も¥30000ぐらいすれば修理の需要も増えて、成り立つんですけどね。」
っとお店の人はいう

後先考えないもの作りはいつまで続くのでしょうか

もし壊れたバックや破れたジーンズをお持ちの方は私に相談して下さい。
[PR]

by k-brown | 2005-06-25 14:46 | リペア
2004年 12月 16日

3

革の周りのコバを磨いて色を入れて、ミシンの入れる場所に線を引いて、もとあったポケットの位置に縫い付けました。ポケットの出し入れするところは、ステッチがあるとすぐに擦り切れてしまうのでステッチ無しです。っといっても今回は革1枚なのでとくにステッチを入れる必要はないのですが。
出来上がりは、革にして失敗したな〜と思ったのですが、履いてみると意外としっくりくるので、しばらく履いてみようとおもいます。
作業時間トータル45分
革  2.25d
糸  キンバスパン?番20番手
コバ塗り  バスコ129番+黒

反省点
ポケットを縫い付ける際に、裏にあて布をすれば補強にもなったはず。
b0027894_2163842.jpg

[PR]

by k-brown | 2004-12-16 21:12 | リペア