2012年 11月 06日

最近はオーダーの品物が多く、なかなか新作に取りかかれませんが、
いろいろ刺激を受ける時があります。展示会なんかは特に、
先日吉祥寺のbondoでは久々の衝動買い。
リトープスという多肉植物、四角い陶器に入れられ、
いままでにない観葉植物となっています。

このリトープスこれから、割れ目から花が咲き、3月には半分に割れて細胞分裂のように
増えていくそうです。
b0027894_732837.jpg


b0027894_65369.jpg


今最も注目されている植物屋”叢”の展覧会を、10/19(金)〜11/11(日)の期間、開催することになりました。
"叢”は、全国にある植物の農家を一軒一軒訪ね、表情豊かな"いい顔をしている植物”を発掘し、独自の美しさを提案する植物屋です。お誘い合わせの上、植物の新しい見方を提案する展覧会を、ぜひご覧ください。

<タイトル>
「シカク」展 〜角度を少し変えてみる〜

<展覧会概要>
「鉢にまっすぐ植物が植えられている=普通」ではありません。それは、人間が育てやすいように選んだひとつの植え方にすぎません。自然の中では、植物は様々な場所に根をおろし環境に適応した形で成長します。そこが崖や岩場であれば壁面に垂直に生えることもありますし、動物に食べられないように土や石の色そっくりに擬態することもあります。本展では、日頃、多くの人が風景の一部として見過ごしている植物の在り方を、“垂直な植え込み”や“土の上に転がっているような並べ方”で切り取り、提示します。

視覚:目には映っていたはずなのに、
死角:これまでまったく意識したことがなく、見えなかった何かを
四角:自然の中から1コマ、取り出して見せる

植物は、シカクの中で無理なく成長できるような個体を厳選し、約70点を展示・販売します。鉢は、自然から土ごと植物を切り取ったかのような、植物と一体感のある仕立てで、広島の陶芸家・佐々木りつ子があらたに制作しました。

<期間>
10/19(金)〜11/11(日) ※火曜日定休日
オープニングレセプション:10/20(土)14:00〜16:00 
[PR]

by k-brown | 2012-11-06 06:58 | 参考


<< 新作入荷ですよ      叢 >>